Hatena::Groupghost-dev

SSP CHANGELOG/更新履歴

!セキュリティホール +追加 ※変更 ×バグ -削除 *ネタ #メモ
2004 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 09 | 11 |
2006 | 02 | 04 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2007 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 10 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2015 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
2016 | 02 | 03 | 04 | 08 | 09 | 11 |
2017 | 01 | 02 | 09 | 10 | 11 |
2018 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 |
2019 | 01 | 03 |

2007-07-25

[]2.00.12 22:16

  • +OnOtherGhostChanged
    • 他のゴーストが切り替わった際に発生します。基本的なReferenceの構成はOnOtherGhostBootedと同じですが、切り替わり前と後の2倍の情報が必要になりますので、解決策として交互にReferenceを詰めていく方法を取りました。
Reference0: 前 - さくら名
Reference1: 後 - さくら名
Reference2: 前 - OnGhostChangingスクリプト
Reference3: 後 - OnGhostChanged/OnBootスクリプト
Reference4: 前 - 名前(descript.txtname)
Reference5: 後 - 名前(descript.txtname)
Reference14: 前 - シェル名
Reference15: 後 - シェル